Welcome to

Big Day Perfect

披露宴どうしよう?失敗しないプログラムを考えよう

  • Post By:
  • Date:

必ずコンセプトを決める事

披露宴は出来る限りゲストに楽しんでもらいたいという気持ちは解りますが、何も考えずに披露宴のプログラムを決めてしまいますと、かえってグダグダになる可能性があります。打ち合わせの段階で司会者や担当者とある程度プログラムの内容を固めることは出来ますが、先ずは2人の間で、きちんとどんな披露宴にしたいかというコンセプトを持つことが大切です。アットホームに行いたいのか、楽しくにぎやかに行いたいのか、漠然としても構いません。先ずはしっかりとコンセプトを持つようにしましょう。

どんな演出をするか挙げていく

コンセプトが決まりましたら、次は披露宴の中で、どんな演出を行うかというのをとりあえずピックアップして下さい。そうする事で、この演出はゲストの食事に影響するかもしれない、これだったらゲストと一緒に盛り上げる事が出来るかもしれないなど、様々な案が出てきます。演出についてきちんと話し合っておきませんと、当日になって失敗する可能性が出てきますので、注意が必要です。担当者や司会者のアドバイスも聞いて、良い演出をピックアップしましょう。

ある程度固まったら、きちんとゲストに依頼しよう

演出の内容が固まりましたら、早い段階でゲストに依頼をしましょう。ゲストは一般的に、新郎と新婦で各1~2名がベストです。自分たちで何か演出を行うという事でしたら、全体のバランスを見て、こういった事をやって欲しいという打診もしてみましょう。披露宴の演出は、最初から上手く進行プログラムが決まる事はまずありません。迷った時はとにかく意見を聞いたりして、上手に擦りあわせをするようにして下さい。結婚式で失敗しない為にも、きちんとコンセプトを決めて演出を考えましょう。

高崎は街の発展によって建築物が多い地域です。種類が豊富で様々な形式を選択できるのが、高崎の結婚式場の特徴です。