Welcome to

Big Day Perfect

こんな結婚式もあり!?インドの結婚の現実

  • Post By:
  • Date:

結婚は自分で決められない!?

日本でも昔はそうだったのでしょうが、インドでは結婚は本人が決めるものではなく、親、特に父親が決定権を持っているんですよね。これは「ラブ・マリッジ(恋愛結婚)」に対する言葉として、「アレンジド・マリッジ」と呼ばれるんですね。アレンジド・マリッジは見合い結婚と呼ばれることもありますが、日本の見合い結婚とは似て非なるものなんですよ。ひと昔前まで、新郎新婦は結婚式当日になるまで、お互いの顔も知らないのが当たり前だったんですよね。

結婚を決定する大きな要因!

インドでは、本人ではなく、新郎新婦の親や叔父、叔母など、家族の年長者たちが花嫁・花婿候補に会いに行くんですよね。会いに行く、というよりも見に行く、と言ったほうが的確かもしれないですね。性格がどうのこうの、というよりは、健康か、身体的・精神的な障害がないか、肌の色が黒すぎないか、顔立ちやスタイルがいいかなどを観察するんですよね。容姿や健康、学歴などがOKになると、花嫁側からの結婚持参金「ダウリ―」の交渉となるんですね。ダウリ―の金品の折り合いが付くかどうかが、結婚を決定する最も大きな要因の一つなんですよ。

様変わりしてきた!?インドの結婚事情

インドでは、かつては結婚式当日になるまで相手の顔も知らなかったものが、結婚前に相手の写真を見ることができるようになってきたんですよね。とはいえ写真で見ただけの相手と、ある日、結婚式を挙げるんですよね。世間知らずの女の子が、突然自分の家から出て行かなくてはいけないんですね。花嫁が悲しみと恐怖に怯えたり泣いたり打ちひしがれているうちに、結婚式は進んでいくんですよ。近頃では、結婚を決める前に本人同士が会える機会を設けることが増えましたね。ゴールの決まっている恋愛をするようなものですが、この「恋愛期間」を経て執り行われる結婚式は素晴らしいですよ。昔のような花嫁の悲壮感はなく、見ているほうまで幸せになれる、そんな結婚式が増えてきましたね。

結婚式場を東京で探しているなら、必ず満足できる結果を得られます。結婚式場が多いので、希望に合うところを選べます。