Welcome to

Big Day Perfect

人生にとって大切な結婚式を成功に導くために

  • Post By:
  • Date:

結婚式の計画ははじめにご予算を基点として

結婚式はスケールの大きい晴れ舞台でありまして、そのプランニングについては沈静化して画策する必要性が出てきます。とりわけご予算は、結婚式の全体の構図を描くうえでも外すことができない要因となっています。予算がなければどんなことも開催されない、というようにリアリティを持って考えていかなければなりません。予算範囲内におさめたうえで、結婚式で成功を収めるにはどうするべきか、プランナーなどのエキスパートからの評価も交えながら、しっかりと確認していくことが重要です。

ご予算はご祝儀や親のバックアップもあります

結婚式の必須経費は、隅から隅まで自分たちで負担することが必要であるというわけではないです。預貯金といった本人たちの自己資産が前提条件になりますが、これ以外にご祝儀といったお金があります。ここのところが、結婚式のご予算を手助けするある意味柱だということです。招待の頭数が拡大するほど、支払いも増えるのではないかと予想する人もいるでしょうけど、挙式もしくは衣装等に掛かってくるところについては固定費も多く見られるのが実情です。したがって、頭数がたくさんであるほどご祝儀の額面も増加し、その結果負担が減少するケースでも多くなります。それに加えて、親御さんからサポートしてもらえるケースでは、その部分も考えに入れられす。

欠かすことができないものを判断し計画を立てる

結婚式に利用することができるご予算が明確化してきたら、プログラムに合うように見積もりを受け取ります。料理または引出物など、数多くあるコストがかかるもので、ふたを開けるとご予算を上回ってしまった、なんていうことも多々あります。そのようなケースですと、見積もり額の詳細の内容を微に入り細に入りきちんと確認していくことが重要となります。計画をたてることを進行していくうちに、色々な事柄について知らず知らずに必要としないものが加わっていることもあります。落ち着いて、準備しておかなければいけない部分と不必要な部分をきちんと区別していくことが実に重要です。

神戸の結婚式場は、海沿い・山沿いどちらの式場でも景色がとても綺麗です。新鮮な食材を使用した料理も人気があります。