Welcome to

Big Day Perfect

結婚式はマナーが大事、両親との会話も考えよう

  • Post By:
  • Date:

ご祝儀を包むマナーを知っておこう

ご祝儀はどれくらいの額を包めば良いか分からないという人は少なからず多いのです。結婚式に出たことがなくても冠婚葬祭の豆知識として頭の隅に入れておけばいつか役立つときがやってくるでしょう。三万円はちょっとキツいが二万円なら何とか出せるという人は覆いのですが、二という数字は割れる数字として縁起が良くないのです。そんな時は五千円札で二万円分入れれば縁起も悪くなりません。小さなことですが幸せごとには欠かせないマナーがいろいろあるのです。

結婚式におけるマナーを身につけよう

披露宴に招待されたはいいが結婚式のマナーやルールを知らなきゃ恥をかいてしまいます。駆けつけた会場の受付から結婚式にふさわしい振る舞いというものはあるのです。受付で述べる言葉はただひとつ、「本日はおめでとうございます」といった月並みのセリフが一番です。受け付けている人のことも考えてあげれば新婦の友人なのか、新郎の親戚なのかを情報として申し出るのも気が利いた親切と言えるでしょう。結婚式も何回か出席すればそのうちマナーも自然と身についてくるでしょう。

新郎新婦のご両親と話す

控え室やトイレ、通路や踊り場などで新郎新婦のご両親と鉢合ったりすることも考えられます。新郎新婦のご両親と面識はないのだが家族構成の話を聞いていたりする場合もあります。その場を凌ぐために勘違いやうる覚えでとんちんかんなことを言ってしまう失敗もあります。そんなことも想定して天気の話や会場のある地域、当たり障りのないそれとない無難な話ネタもひとつやふたつ用意しておくと良いかもしれません。新郎新婦の友人としてはご両親に対しても好印象を与えたいものです。

長崎の結婚式場は、多くのバリエーションがあり、地域性にあふれています。通常の式では立派なホテルで行われたりするので1回検索してみてはどうでしょうか。