Welcome to

Big Day Perfect

覚えておきたい結婚式場の種類タイプ別にご紹介

  • Post By:
  • Date:

違いを知って自分にぴったりの式場探し

結婚式の最大の難関は会場探しです。たくさんある会場のなかからどうやって選べばいいのでしょうか?実は、会場は大きく分けて4つのタイプがあります。それを知っておけば、もっと具体的な結婚式のイメージを描くことができるので、会場探しがグングン進みます。ここでは、「ホテル」「専門式場」「レストラン」「ゲストハウス」の主な4つの会場タイプをご紹介します。そして、それぞれのメリットとデメリットを比べてみました。

結婚式場4つのタイプとは?

まずは「ホテル」です。宴会場とホテルが一体となった複合施設のため施設が充実(バリアフリー、駐車場、美容室など)しています。次に「専門式場」ですが、結婚式のために作られた会場で、挙式会場と披露宴会場が同施設内に併設されています。「レストラン」は店を貸切り結婚式を行います。最近では婚礼をターゲットとしたレストランも登場しています。「ゲストハウス」は一軒家を貸切するヨーロッパ風のウエディングスタイルです。

ここが魅力!それぞれのメリット・デメリットを比較

「ホテル」の良さはその知名度と格式の高さ。重要なゲストも安心して迎えることができます。またホテルと一体となっており、宿泊希望のゲストの方に移動していただく手間をかけさせません。駅チカの好立地や駐車場完備など、利便性もホテルならでは。ただ、一日に数組挙式をすることもあるので、挙式が遅れたりバタバタすることも。「専門式場・神社」は本格的なチャペルや神殿での挙式が可能であり、個性を生かした式を挙げることが可能です。ただ、神社だと一般参拝客もいることや、式場の当たりはずれが大きいのが欠点。「レストラン」は料理もおいしくアットホームな式が可能です。その一方控え室が狭いなど施設が充実していない、ドレスでは狭くて動きにくい、大人数での挙式には向かないなどの欠点も。「ゲストハウス」ではプライベート感と自由な演出が出来ることが魅力です。ただしガーデンパーティは天候や季節に左右されます。広々としたガーデンが必要なので、立地が不便なところも。この点をしっかり押さえて自分にぴったりの素敵な式場を選びましょう!

東海地方最大の都市である名古屋は、大規模な宴会場を備えているホテルや式場、少人数での結婚式をとり行えるレストランも多いので、名古屋の結婚式場は安心できます。